SAOなんてクソに決まってんだろ!

2013/08/27 Tue

ダメだ!記事思いつかない!
勉強しなきゃなのに手がつかない!

えーと、げんしけんの二期がいまやってるけれど、これってどうなの?問題についてシャシャッと書いていく。
アニメしか見てねえけど。
問題点(っていうほどでもないけど)は3つあって

・斑目に頼ってばっかじゃねえか
・ノリの軽い今どきの子をターゲットにしたのは良いけどそれだともうげんしけんじゃなくてよくね?
・女ばっかじゃねえか

ということ。
一つ目について、みんなそう思ってると(俺は)思う。
サキちゃんへの思いにケリがついてないとかエクスキューズついてるけど、うーん・・・微妙。
そんなに引っ張る必要あったか?
あると云えばあるけれど、それって一期でやってた斑目視点の話が意外にウケたからでしょう。
おしゃれな服を買いにいくとか、サキちゃんに告白したいけどできないとか。
で、その話における暫定的な主人公に笹原くんは適用できないわけですよ。

筋道立てて説明すると、多分作者が描きたかった「げんしけん」というのは、もともと、漫研とかに入ることが出来ない、胸を張ってオタクですと云えない、やや消極的な、ゆるオタの大学生を描きたかったんだろうけど、笹原がその典型みたいな感じだよね。でも全員笹原みたいなのにしたら全く話が出来ないから、個性付けて漫画ちょっとは描けるヤツとかカメコとかにしたんだろうけど(多分カメコ同好会やらコスプレ部みたいのは当時まだなかったんじゃなかったか?)。
ここで注目したいのが斑目と笹原。この二人、ほとんど差がない。斑目がちょっと胸を張ってオタクですって方に寄ってるくらい(かといって漫研部員と連絡取りあって情報交換とかしてる風でもない。消極的)。
で、どっちを主役にするかっつーと、漫画的に分かりやすいインパクトを狙うとしたら斑目でしょう。でも実際主人公は笹原(∵漫研とかに入ることが出来ない〜)。
云いたいことも云えないこんな世の中じゃポイズン的なちょっとウジウジ目の話を描こうとしたんだろうけど、結局面倒になったかネタが浮かばないかで速攻モブ化w
おしゃれな服買いに行く話とサキちゃんに告白できない話は笹原が担当してしまうと、ぜーんぜん意味ないというか、オタクにスポット当てただけで、内容は前時代的なモテない男の話じゃんってことになるし、笹原は(当時としては今どきの)草食系なゆるオタだけど、持ち前の優しさで時間をかけて腐女子彼女ゲットの路線確定だし。
就活編で若干その辺を描くことに成功するも、斑目大健闘で一期終了w
二期になると、一期で笹原を成長させちゃったからその辺は描くこと出来ず(というか、もうそうゆうのを描いても読者にはリアルに感じられない可能性が大きい)、オタの最前線として出した女装男子を描こうとするも、斑目のアパートを借りる云々の件はよしとしても、今どきの腐女子の話を作るのに困ってるのか知らないけど、結局斑目頼み。くっちーはボケとしてしか機能せず。
サキちゃんに振られる話があるらしいけれど、それ終わったらどうするんだろうか。
一期はOB全然出てこなかったのに二期になった途端でまくってたら限界なんだろうなって思うしかないな。

二つ目。ノリが軽いのは吉竹さんだけかもしれないけれど・・・
吉竹さんはかわいいから好き。合法ロリとか最高でしょ(*‘ω‘*)
レキジョ、ジャンプ好き、女装腐男子・・・うーん、今どきの子って感じはするけれど、何か地味。
いやあくまでオルタナティブな存在としてげんしけんがあるんだから、問題ないんだけれど、何だろうこのパッとしない感じ。これだ!!って感じがしない。
可能性が二つ。

@自分(俺)の世代じゃないから頭では分かってるけど、実感出来ないから。
俺の世代にとってのエヴァンゲリオンにおけるシンジくんや、げんしけん一期のようなコミュニティ。
も少し上の世代にとっての究極超人あーる。
も少し下の世代にとっての涼宮ハルヒにおけるキョン。
↑みたいなジャストあるあるじゃないから。主観的な問題なのかも??

Aもはや全てのジャンルがげんしけん化してるから、特別漫画にするほどのものでもない?
ニコ動の台頭で、ボカロ好きでもアニメは見ない。アニメ見てもボカロは知らない。こんなこと普通にある。アニメ見て歌い手好きでオリジナルボカロ曲を知ってるけどボカロ自体に興味はない子も普通にいる。カテゴライズされすぎて、もはやマイノリティしか存在しない時代で、現代視覚文化研究会を取り上げることにどれほどの価値を見出せるだろうってトコかな。

キャラは全員立ってるし、設定も面白いと思うんだけれど、如何せんストーリーに悩んでる感がなあ・・・

三つ目。
女だらけにしたのはやっちゃいましたね感がある。
また男だらけにしても結局前と同じようなキャラになっちゃうと思うし、今は女オタが増えてきた感じがあるから、メンバー女にするのは良いけれど、安易な萌えを入れたがらない作者がこの状況でどこまでできるのか。
posted by (*‘ω‘*) at 00:03 | 広島 ☁ | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]